2014/11/05

Giappone in Abruzzo 富士山からグランサッソまでの協会のおかげで、アブルッツォにも日本語を勉強できます



Giappone in Abruzzo 「富士山からグランサッソまで」の協会のおかげで、アブルッツォにも日本語を勉強することができます。
一年前生まれたGiappone in Abruzzo協会はもう有名になりました。アブルッツォで日本語が習いたい人に一つの可能性があります。




2014/09/27

ONDA TV 日本語バーショーン発出






今日から僕の町スルモナはONDA TV(スルモナのテレビ)の日本語バーショーンになってます!
これから日本語でONDA TVの記事を書くつもりです
イタリア語のサイトは

日本とアブルッツォの関係あるポストスルことにします
みんなさんよろしくおねがいします

2014/08/25

「DAI PAESANI」:東京アブルッツォ最初のレストランを開く

すぐにまた東京アブルッツォ話す。日本とアブルッツォ:9月には、それは厳密に二つの言語のメニューで、地元の料理を専門とする最初のイタリアンレストランをオープンします。レストランでは、「大の村人たちは「新宿、東京の「中」のいずれかに建設され、2001年から日本に住んでいるジュゼッペ·サバティーノ、Castelguidone、によって管理されると呼ばれ、デビッド·ファビアーノ、Roccaspinalvetiから、大使館を調理します東京のイタリア語。 2主人公は日本で完全に作ら最初の「ventricina」を生産したことで地元の新聞に存在していた。それは、ダビデはこのソーセージの生産はこの冒険の始まりに直接接続されているかを私たちに伝えるために、「すべては私たちがアブルッツォに持ってルーツに深い愛着から始まります。数年間、ジョセフは、卓越性のため、日本でventricinaのアブルッツォの代表的な製品を生産しようとしました。原因'彼の土地のためにそのtastardaggine、忍耐、献身と愛へと微気候に適し、日本のやり方でレシピを校正するには、いくつかの失敗の元と同等品質の製品を達することができなかった。

アブルッツォventricinaは後背地のvasteseの村のはずれをオンにする'から始まる日本で生産され、共通の友人を通して私のところに来噂。それは私が彼に会うことを決めたという'そう'でした。

最初の瞬間からジアは'、 "ダビデは、続けて「私たちは、同じ波長で、私たちの両方が....アブルッツォ私たちを束縛共通の強みを持っていたことだったことに気づいた!その日から私たちは私たちに東京の方言では良い話を作るためにほぼ毎週会った...

これらの会話の一つに、私たちは "...それは誰もが今までにそれまで行われていなかった....東京で最初のアブルッツォのレストランを開き、何かをする時間であると判断しました



「私たちのレストラン "presegueダビデは「「局所性を示す、ちょうどあなたがアブルッツォの典型的な料理を味わうことができる場所だけでなく、情報を提供し、本当に私たちの土地は何か自分自身でそれを試してアブルッツォに行くために日本語を奨励するための場所であることを望んでいない、食器、モニュメント、アブルッツォへの貢献をすることができるために何か他のものは、同時に私たちは日本に来てほしい村人をサポートするために喜んで「よります」

だから、アブルッツォとその料理の名前を運ぶ献身と情熱を持って上陸、日本でこれら二つの同胞の料理の冒険を開始します。

www.facebook.com/trattoria.dai.paesani:開口部は9月の第2週に予定され、地元に関するニュースを更新する、でFacebookページに既にある




マルコMalvestuto

2014/08/20

ラクイラ市に日本政府から寄贈されたインドアスタジアム:仕事が始まる


作業はラクイラ市に日本政府から寄贈され、新しいスポーツホールの建設を開始しました。構造は場所Centi Colellaに配置されます、スポーツエリア、Variante南部へのアクセスの接合部の間の空間に、建物自体が、約3000平方メートルになり、13700平方メートルの面積を持つことになります。プロジェクトがホスティングイベント、コンサート、展示会などのスポーツイベントの実施のためだけでなく、設計された多目的施設の建設を伴う。また、オープンスペース、緑地、駐車場とさせていただきます。構造は、不測の事態がなければ、年未満で完了することになる。作業の完了は、2015年5月31日に予定され、実際にある。 

官僚プロセスは最も簡単な、実際には、屋内競技場は、2009年の地震のすべての「次の日に約束されていたされていないが、さまざまな技術的な問題のために - 行政実装は、数年遅れで表示されています。 

日本政府は持っていたし、市は財団JICS(通常は発展途上国の地域で働くボディ発行状況の日本国際協力システム)との契約を締結しておりますので、設計から完成までの操作のコマンドを持ちます、と彼は「建築家茂岩切監督会社、ローマの「チーム岩切 - デザイン&プランニング·ワークショップ」へのプロジェクトの準備を委託していることを。 

岩切はヨーロッパで会社の責任者として最初のチーフデザイナーとして、その後、ufficoで数年前から有名な建築家丹下健三をしてきました。彼の作品は建築設計、インテリアデザイン、プロダクトデザイン、およびその主要顧客トヨタ自動車、日本の(株)、イタリア、ロシア、チェコ共和国、中国、ノムラ·インターナショナル、Lamaro契約及びイェーゾロとアックイの自治体として持っていた中で、主に焦点を当ててテルメ。現在行われ作業の中で、あなたはディーラーのネットワーク全体の再構築、サービスセンターとボディショップイタリアのトヨタとレクサス、中国でのトヨタのディーラーの数の実現、日本のホームトヨタコンサルタント、プロジェクトを数えることができる日本オリックス不動産、日本のゲストのVIP倶楽部トヨタ、ロシア、チェコ共和国、ロンドンのノムラ·インターナショナルの新本社でのトヨタの新本社のための複雑な内部設計プロジェクトにおける高齢者のための住宅の数について。 

負担し、スケジュール通りに実施されれば、それは市の社交のための重要なポイントの短いものであり得ることの構造に可能な限り最高の画像を与えるために尊重する、この日本の建築家での実績'アクイラ。 

希望は今まで失った時間は約既に不調、ラクイラの人には自信を持っていないだろう、室内競技場の建設は、今後の作業の完了を遅らせる、管理の負担に再びつまずくことはありませんということです。

2014/06/06

日本ではアブルッツォ·マニアを引き起こした。スルモーナから始まるアブルッツォを訪れる日本からの最初のツアーグループ、

アブルッツォは日本人観光客に最も人気のある目的地の間になり、主要な日本の機関が提供するイタリアのツアーに挿入され始める。先週の土曜日以来、日本人観光客のグループはアブルッツォを訪問している。ツアーはスルモーナへの訪問を開始し、3つの国立公園、Trabocchiコーストランカスター、チヴィテッラデルトロント、ラクイラの最も美しい場所が含まれています。宿泊客の一部は「、おいしい料理の街」として日本で知られている、大阪から来て、驚くことではないが、観光客は間違いなくアブルッツォの料理を楽しんでいる。それは確かにアブルッツォは、金利仲介日本人観光客を取り込むのは今回が初めてです。一年前よりも小さく、旭日訪問のツアーオペレーターは、日本での成功の波に乗り、観光パッケージの構築のために実施した、作家泰子石川「謎のアブルッツォ"ベストセラー。

「これは特別な機会だ "と観光客との会合のマリアDomenica Fracassi NaTourArte社長が新しいと組み合わされアブルッツォ地域のための観光開発の「ダブルッツォを案内すると、日本の一般的な傾向は、他の場所で、イタリアを発見するそのようなフィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアなどの古典的な地。それは、できるだけ多くの、本当に私たちの地球は、風景、村、人々のもてなし感に好奇心、通知され、魅了訪問した日本人観光客のステレオタイプに付着していないを参照してくださいに熱心培養し、目の肥えた観光客です。私たちの地域の素晴らしさを介してそれらを導く文化的多様性の取り組み、経験と意識する必要があります。私たちは、関係するすべてのツアーオペレーターは本当にこの新しい市場を取ることができ、口の正のワードを生成し、このチャンスをつかむことができることを「結論」、願っています。"

*靖子石川はアブルッツォの文化と自然の美しさに魅了された十分に確立された日本の作家であり、彼の同胞はほとんど日本人に知られているエリアに認識させる意志。の伝統的な目的地への羨望することは何もない歴史や文化、美しさで最初の日本語領域に出版された本や、「絵のルートを提案することを目的と旅行記、神秘的な正確には、un`Italia金持ち都市arte.Laの魅力的な物語と、流体は、また、偉大な宣教師テアティーノの姿に焦点を当てて、そのように深く、16世紀の日本文化に影響を与えた、と歴史、文化を通して繰り広げられるイエズス会神父ヴァリニャーノ、臨時感度、読者に大きな魅力のパス上の記述能力石川​​「ペイント」でそのアブルッツォの多くの中世の村の自然の美しさ。

2014/05/08

朝の散歩

スルモナの近くにある素晴らしい景色




2014/05/01

アブルッツォ国立公園のタイム冒険! みんなさん、 ヴィンテージ列車に乗ってみましょう!

5月17日と18日スルモナ-カステル・デイ・サングロの鉄道線に乗ったら素敵な経験になるかもしれない。
国立公園の鉄道は76キロが長くて1892年に作られました。第二次世界大戦のせいで鉄道線は重くて壊されましたが1960年に修理を終わりました。
スルモナからスタートして山に乗って25キロ後でカンサノに着きます。
このヴィンテージ列車に乗りながらすばらしい景色が見えるしおいしい食べ物も食べられます。


2014年5月17- ヴィンテージ列車 Sulmona から Castel di Sangro まで


行き-スルモナ (930) - ペッとラノ (1000) - カンサノ (10.40) - カンポ デイ ジョべ (1120) - パレナ (1210) -リビソンドリ (12.15) - ロッカラソ (12.40) - アルフェデナ (13.00) - カステル デイ サングロ(着き13.10).
帰り-カステル デイ サングロ (15.30) - アルフェデナ (15.40) - ロッカラソ (16.15) - -リビソンドリ (16.25) - パレナ (16.35) - カンポ デイ ジョべ (16.45) カンサノ (17.10) - ペッとラノ (17.20) - スルモナ (着き.17.40).

2014年5月1- ヴィンテージ列車 Sulmona から Castel di Sangro まで

行き-スルモナ (10.00) - ペッとラノ (10.30) - カンサノ(11.05) カンポ デイ ジョべ (11.15) - - パレナ (11.45) -リビソンドリ (11.55) - ロッカラソ (12.05) - アルフェデナ (12.25) - カステル デイ サングロ(着き12.35).
帰り-カステル デイ サングロ (15:30) - アルフェデナ (15.40) - ロッカラソ (16.15) - -リビソンドリ (16.25) - パレナ (16.35) - カンポ デイ ジョべ (16.45) カンサノ (17.10) - ペッとラノ (17.20) - スルモナ (着き.17.40).


イタリア語が読めますみんなさんへこちら:

2014/02/08

Il Giappone alla scoperta dell'Abruzzo: Anversa degli Abruzzi su Bs Nippon Tv

L'Abruzzo parla sempre più giapponese.
Dopo la visita nel 2008 della troupe di Bs Nippon Tv che volle realizzare un reportage su Pacentro, e dopo che la scrittrice giapponese Yasuko Ishikawa stregata dalla bellezza delle montagne e dei paesaggi abruzzesi, ha omaggiato la nostra Regione con il libro “Abruzzo Misterioso” , anche quest' anno la Bs Nippon tv ha puntato gli obiettivi delle proprie telecamere su un'altra “perla d'Abruzzo”: Anversa.
La serie giapponese di documentari dedicati ai paesi abruzzesi si chiama “小さな村の物語” letteralmete “racconti di piccoli villaggi” ed è stata trasmessa oggi alle 21.00 ora giapponese (13.00 ora italiana).
Nel programma verranno scoperte oltre alle bellezze naturali di Anversa anche le antiche tradizioni locali che tanto affascinano il popolo nipponico.
La richiesta di pacchetti turistici che comprendono oltre al solito itinerario turistico anche l'Abruzzo sta lentamente aumentando in Giappone, grazie soprattutto al lavoro della 日本アブルッツォ協会Japan-Abruzzo Association) che continuamente promuove le bellezze della nostra amata regione ai giapponesi.
Sembra infatti che l'associazione abbia fatto da apripista verso una regione, l'Abruzzo fino ad ora praticamente sconosciuta al popolo nipponico ma che potenzialmente ha tanto da offrire .

Marco Malvestuto