2014/06/06

日本ではアブルッツォ·マニアを引き起こした。スルモーナから始まるアブルッツォを訪れる日本からの最初のツアーグループ、

アブルッツォは日本人観光客に最も人気のある目的地の間になり、主要な日本の機関が提供するイタリアのツアーに挿入され始める。先週の土曜日以来、日本人観光客のグループはアブルッツォを訪問している。ツアーはスルモーナへの訪問を開始し、3つの国立公園、Trabocchiコーストランカスター、チヴィテッラデルトロント、ラクイラの最も美しい場所が含まれています。宿泊客の一部は「、おいしい料理の街」として日本で知られている、大阪から来て、驚くことではないが、観光客は間違いなくアブルッツォの料理を楽しんでいる。それは確かにアブルッツォは、金利仲介日本人観光客を取り込むのは今回が初めてです。一年前よりも小さく、旭日訪問のツアーオペレーターは、日本での成功の波に乗り、観光パッケージの構築のために実施した、作家泰子石川「謎のアブルッツォ"ベストセラー。

「これは特別な機会だ "と観光客との会合のマリアDomenica Fracassi NaTourArte社長が新しいと組み合わされアブルッツォ地域のための観光開発の「ダブルッツォを案内すると、日本の一般的な傾向は、他の場所で、イタリアを発見するそのようなフィレンツェ、ローマ、ヴェネツィアなどの古典的な地。それは、できるだけ多くの、本当に私たちの地球は、風景、村、人々のもてなし感に好奇心、通知され、魅了訪問した日本人観光客のステレオタイプに付着していないを参照してくださいに熱心培養し、目の肥えた観光客です。私たちの地域の素晴らしさを介してそれらを導く文化的多様性の取り組み、経験と意識する必要があります。私たちは、関係するすべてのツアーオペレーターは本当にこの新しい市場を取ることができ、口の正のワードを生成し、このチャンスをつかむことができることを「結論」、願っています。"

*靖子石川はアブルッツォの文化と自然の美しさに魅了された十分に確立された日本の作家であり、彼の同胞はほとんど日本人に知られているエリアに認識させる意志。の伝統的な目的地への羨望することは何もない歴史や文化、美しさで最初の日本語領域に出版された本や、「絵のルートを提案することを目的と旅行記、神秘的な正確には、un`Italia金持ち都市arte.Laの魅力的な物語と、流体は、また、偉大な宣教師テアティーノの姿に焦点を当てて、そのように深く、16世紀の日本文化に影響を与えた、と歴史、文化を通して繰り広げられるイエズス会神父ヴァリニャーノ、臨時感度、読者に大きな魅力のパス上の記述能力石川​​「ペイント」でそのアブルッツォの多くの中世の村の自然の美しさ。