2014/08/20

ラクイラ市に日本政府から寄贈されたインドアスタジアム:仕事が始まる


作業はラクイラ市に日本政府から寄贈され、新しいスポーツホールの建設を開始しました。構造は場所Centi Colellaに配置されます、スポーツエリア、Variante南部へのアクセスの接合部の間の空間に、建物自体が、約3000平方メートルになり、13700平方メートルの面積を持つことになります。プロジェクトがホスティングイベント、コンサート、展示会などのスポーツイベントの実施のためだけでなく、設計された多目的施設の建設を伴う。また、オープンスペース、緑地、駐車場とさせていただきます。構造は、不測の事態がなければ、年未満で完了することになる。作業の完了は、2015年5月31日に予定され、実際にある。 

官僚プロセスは最も簡単な、実際には、屋内競技場は、2009年の地震のすべての「次の日に約束されていたされていないが、さまざまな技術的な問題のために - 行政実装は、数年遅れで表示されています。 

日本政府は持っていたし、市は財団JICS(通常は発展途上国の地域で働くボディ発行状況の日本国際協力システム)との契約を締結しておりますので、設計から完成までの操作のコマンドを持ちます、と彼は「建築家茂岩切監督会社、ローマの「チーム岩切 - デザイン&プランニング·ワークショップ」へのプロジェクトの準備を委託していることを。 

岩切はヨーロッパで会社の責任者として最初のチーフデザイナーとして、その後、ufficoで数年前から有名な建築家丹下健三をしてきました。彼の作品は建築設計、インテリアデザイン、プロダクトデザイン、およびその主要顧客トヨタ自動車、日本の(株)、イタリア、ロシア、チェコ共和国、中国、ノムラ·インターナショナル、Lamaro契約及びイェーゾロとアックイの自治体として持っていた中で、主に焦点を当ててテルメ。現在行われ作業の中で、あなたはディーラーのネットワーク全体の再構築、サービスセンターとボディショップイタリアのトヨタとレクサス、中国でのトヨタのディーラーの数の実現、日本のホームトヨタコンサルタント、プロジェクトを数えることができる日本オリックス不動産、日本のゲストのVIP倶楽部トヨタ、ロシア、チェコ共和国、ロンドンのノムラ·インターナショナルの新本社でのトヨタの新本社のための複雑な内部設計プロジェクトにおける高齢者のための住宅の数について。 

負担し、スケジュール通りに実施されれば、それは市の社交のための重要なポイントの短いものであり得ることの構造に可能な限り最高の画像を与えるために尊重する、この日本の建築家での実績'アクイラ。 

希望は今まで失った時間は約既に不調、ラクイラの人には自信を持っていないだろう、室内競技場の建設は、今後の作業の完了を遅らせる、管理の負担に再びつまずくことはありませんということです。

コメントを投稿