2014/08/25

「DAI PAESANI」:東京アブルッツォ最初のレストランを開く

すぐにまた東京アブルッツォ話す。日本とアブルッツォ:9月には、それは厳密に二つの言語のメニューで、地元の料理を専門とする最初のイタリアンレストランをオープンします。レストランでは、「大の村人たちは「新宿、東京の「中」のいずれかに建設され、2001年から日本に住んでいるジュゼッペ·サバティーノ、Castelguidone、によって管理されると呼ばれ、デビッド·ファビアーノ、Roccaspinalvetiから、大使館を調理します東京のイタリア語。 2主人公は日本で完全に作ら最初の「ventricina」を生産したことで地元の新聞に存在していた。それは、ダビデはこのソーセージの生産はこの冒険の始まりに直接接続されているかを私たちに伝えるために、「すべては私たちがアブルッツォに持ってルーツに深い愛着から始まります。数年間、ジョセフは、卓越性のため、日本でventricinaのアブルッツォの代表的な製品を生産しようとしました。原因'彼の土地のためにそのtastardaggine、忍耐、献身と愛へと微気候に適し、日本のやり方でレシピを校正するには、いくつかの失敗の元と同等品質の製品を達することができなかった。

アブルッツォventricinaは後背地のvasteseの村のはずれをオンにする'から始まる日本で生産され、共通の友人を通して私のところに来噂。それは私が彼に会うことを決めたという'そう'でした。

最初の瞬間からジアは'、 "ダビデは、続けて「私たちは、同じ波長で、私たちの両方が....アブルッツォ私たちを束縛共通の強みを持っていたことだったことに気づいた!その日から私たちは私たちに東京の方言では良い話を作るためにほぼ毎週会った...

これらの会話の一つに、私たちは "...それは誰もが今までにそれまで行われていなかった....東京で最初のアブルッツォのレストランを開き、何かをする時間であると判断しました



「私たちのレストラン "presegueダビデは「「局所性を示す、ちょうどあなたがアブルッツォの典型的な料理を味わうことができる場所だけでなく、情報を提供し、本当に私たちの土地は何か自分自身でそれを試してアブルッツォに行くために日本語を奨励するための場所であることを望んでいない、食器、モニュメント、アブルッツォへの貢献をすることができるために何か他のものは、同時に私たちは日本に来てほしい村人をサポートするために喜んで「よります」

だから、アブルッツォとその料理の名前を運ぶ献身と情熱を持って上陸、日本でこれら二つの同胞の料理の冒険を開始します。

www.facebook.com/trattoria.dai.paesani:開口部は9月の第2週に予定され、地元に関するニュースを更新する、でFacebookページに既にある




マルコMalvestuto
コメントを投稿